前へ
次へ

七五三の時期と意義とは

従来、七五三といえば、11月15日にお詣りするのが一般的でしたが、特に祝日とはされていないため、その前後にお詣りする人も多くなっています。そもそもは11月15日が暦の上で鬼宿日にあたるため、あらゆることに関して大吉とされたきたことから、子供が無事育ったことを祝う日として定着したものと考えられています。けれども、近年の生活の多様化から11月15日をはさんだ前後1か月間のうち、都合の良い日を選んでお詣りするといったように柔軟化しています。子供の成長を祝うことが第一の意義のため時期にこだわらず、本人の体調や家族の都合を加味して日にちを決めることも一つの選択です。フォトスタジオなどでは記念撮影を事前におこない、後日衣装を貸し出すサービスもおこなっています。七五三で一番先に考えるであろうことは、子供の服装です。そして、忘れがちなのが親の服装です。子供は着物など可愛らしい恰好をしますが、親はなにを着ればいいでしょうか。男親はダーク系のスーツがよいでしょう。仕事で着ているようなスーツでも大丈夫です。ネクタイを明るめの色にするのがお勧めです。母親は一番の悩みどころです。和装なら付け下げや色無地、訪問着になります。洋装の場合はパステルカラーの明るいスーツにします。入学式などに着ていけるもので十分です。ダーク系のスーツしかない場合はコサージュやネックレスなどで華やかにしておきます。ただし、あくまで子供のためのイベントなので子供より派手になってはいけません。七五三は写真で一生残るものですので、両親もしっかりした服装にしましょう。

一棟丸ごと清掃して清潔な院内を
病院のお掃除はプロにお任せください

取次だけで終わらない電話代行
詳細を聞いて細かな部分までヒアリングします

管理する不動産物件の掃除の手間を省けるサービス

Page Top